2013年5月 4日 (土)

コマンドー日本語吹替完全版コレクターズBOX

コマンドーは吹き替え版が異様に人気がある作品です。
その日本語吹き替え完全版ブルーレイが出ると知ったのは少し前のこと。
5000セット限定らしいので「この枚数なら即売り切れだろう」なんてあきらめてましたが10000セットに変更されたらしい。
ネット通販でも今のところ絶賛販売中。買うかどうか悩んでいるところです。
当時のアフレコ台本+完全版に使われた収録台本までついているのがいいですね。

昔テレビで放送された吹き替え版がソフト化されないのは、当時の音質が悪かったり音源が残っていないからだと勝手に思い込んでいましたが、映画の放映する権利と販売する権利は全く別になっておりテレビ放映版をソフト化する際には契約がややこしくなるのが理由みたいです。
それと、テレビ放映版ですと上映バージョンに比べてカットシーンが多いからソフト化しにくいのかもしれませんね。ソフト化するならノーカット版の方がいいでしょうから。

最近では登場人物の名前や固有名詞を把握するために字幕版でばっかり映画を観ていますが、吹き替え版――特に昔のものは大好きです。
ジャッキー・チェンは石丸博也さんじゃなきゃ観ていて違和感あるし。

こうして吹き替え版がソフト化される流れができたってことは、渡辺徹・大場久美子のスターウォーズや織田裕二・三宅裕司のバック・トゥ・ザ・フューチャー、野村義男の超能力学園Zがソフト化される可能性もあるんですね←ねーよ

・・・・・・今、調べたら野村義男吹き替えの超能力学園ZはDVDで販売されているんですね。すごい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月16日 (金)

カイジ2~人生奪回ゲーム~

テレビでCMが流れてますね。
非常に楽しみにしている映画の一つです。
キャッチコピーがこれまたすごい「おかえり、クズの皆様。」
ちなみに前作のは「ようこそ、クズの皆様」…。

今回のカイジの敵は原作でもおなじみの一条。演じるのは伊勢谷友介さん。龍馬伝の高杉晋作役が大変かっこよかった人です。
公式ホームページのストーリー紹介を見てみると、前作にゆかりのある登場人物がけっこう出てくるのでそこが楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年4月24日 (金)

ダークナイト

 タイトルだけだと、どういう映画かわかりづらいが、「バットマンビギンズ」の続編――つまりバットマンの映画である。

 アメコミやアメコミ原作の映画はあまり観ないが、アメリカのヒーローは「HAHAHA!」と豪快に陽気に悪を吹っ飛ばすイメージを僕は持っている(考えたらすごい偏見だ)
 しかし、バットマンは悩む。とにかく悩む。強力な敵「ジョーカー」によって。
 ジョーカーの存在はヒーローものの勧善懲悪を非常に脅かすもので、卑劣なジョーカーが相手なら誰しも戦い方に悩むと思う。

 ストーリーも秀逸でアクションシーンも見事。
 本編が152分と長いがそんなに気にならないと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 4日 (水)

相棒 Season 1 第9話「人間消失」

 CSのテレ朝チャンネルでは相棒のSeason 1が再放送されている。

 地上波の方と違って本編中に余計な番組CMが入らず快適に観られる。
 話の方も中々面白くトリックがちょっと予想できなかった。
 ただ一つ次回予告(たぶんあると思う)がカットされているのが残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月14日 (水)

どろろ

 実家の方でいろいろあったので日記がかなり滞ってました。

先日実家に帰った時に録画しておいた映画どろろを観た。
映像はかなり迫力があり、出てくる妖怪はなんとなく手塚治虫チックな気がした。
なんか続編が作られる事が決定したとかなんとか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月26日 (金)

2010年

 ケーブルテレビで放送されたものを視聴。
 劇場公開されたのは20年ぐらい前だ。当時はちょっと気になったぐらいで結局は見ずじまいだったものをようやく見た感じ。

 2001年宇宙の旅の続編である本作は、前作と比べられてしまう運命から免れる事はできない。
 で、実際比べてみてしまったのだが……感想としては名作映画の続編をテレビスペシャルにしてやった感じ……かなぁ。なんだか特撮もストーリーもしょぼい。

 しばらくしてNHK衛星放送で2001年宇宙の旅が放送されたのはなんだか皮肉に思える。こちらも録画しておいて序盤だけ見たけどやはり面白い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月17日 (水)

華氏911

 CS放送で録画しておいたのを視聴。
 
 ブッシュ大統領が大統領選挙に当選した時のエピソードや、9.11直後の対応のおそまつさ等を描いた映画だ。
 政治的背景などは頭が悪いのでよくわからないが、(イラク)戦争でえらい目に遭うのは貧困な為に軍に入るしかないアメリカ人や空爆で家や家族を失うイラクの民間人であることがよくわかる。
 またわかりやすいエピソードとして監督のマイケル・ムーアが突撃取材でアメリカ議員のとこにいって〝ある事〟をお願いしていた。
 ネタバレになるので詳細は割愛するが、えらい人は自分の身内はかわいいものだとよくわかる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 1日 (土)

DVD 七人の侍(2枚組)<普及版>

 前から欲しかった七人の侍が11月9日に低価格になって発売される。

 以前は高額でなかなか手が出せなかったけど、二枚組みで5040円と安くなったのでこれは嬉しい。
 今日見たテレビ朝日のクイズ番組によるとスピルバーグは映画撮影前に必ず七人の侍を見るのだそうだ。
 サムライ7を見た人で本家をまだ見ていない人はこれを機会にぜひ見て欲しい。
 すでにレンタルでもあるかもしれないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月31日 (金)

菊次郎とさき  第9話「洛陽」

 今回はたけしの青年時代のエピソード。

 あれだけ元気だった菊次郎さんにも老いの影が……。
 人間必ずしも何らかの引退はあるわけで、そのへんのしんみりさが良く描かれている。
 脚本家は刑事ドラマ・相棒でもお馴染みの人だったのに今さら気がついた(笑)
 
 さきさんがたけしに小遣いをねだった理由も明らかになってまたしんみり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月18日 (水)

菊次郎とさき  第2話

 シャイな部分は父親から、頭がまわる部分は母親から受け継いだと確かビートたけしがテレビで言っていたと記憶している。

 今回はそんな少年時代の武が悪知恵を働かせる話。
 たぶん、ドラマ用のフィクションだとは思うけど(原作にそのエピソードがあったらごめんなさい)
 子供ながらも、欲しかった鉄道模型を手に入れるためにかなりの知恵を働かせていて、これにはサザエさんのカツオも舌を巻くことだろう。
 最もカツオは武のような手口は使わないと思うけど。
 
 それと前回に引き続き、菊次郎さんとさきさんがキャッキャッウフフ(?)しているシーンがあるのが驚いた。
 今までのシリーズだとあんまりこういうシーンはなかったと思う……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧