2006年12月 1日 (金)

ドラえもんが配っていたもの

 本日は「世界エイズデー」で、HIV感染予防を訴えるイベントが世界各地で行われた事を伝えるニュースがあった。

http://www.mainichi-msn.co.jp/entertainment/geinou/etc/english/20061201aids/

 記事によると中国上海では、ドラえもん(着ぐるみ)が街頭でコンドームを配ったのだそうだ。
 嘘だろうと思ったけど写真まで掲載されていて、その着ぐるみはうまい棒のパッケージに出てくる「あいつ」なんかじゃなく、間違いなくドラえもんだった。
 小学館から怒られるんじゃないかなぁ、これ。
 ドラえもんに驚いたけど、中国(しかも街頭)でコンドームを配布する状況は正直意外な感じがした。中国というと、街頭活動に大変うるさそうなイメージがある。今は状況が変わっているかもしれないけど、かなり前、日本のロック歌手が天安門広場でゲリラライブをしようとした時は警備の人が今にも飛んできそうななほど場はピリピリとしたムードだったそうだ。まぁ、去年、反日デモが行われたぐらいだから今はもう変わってしまったのだろう。多分。

 もちろんHIV感染防止活動は大事だ。日本でもテレビのCMを使って「コンドームを使いましょう」というのを昔やっていたけど、今は「HIV検査は気軽に出来ますよ(パペットマペットが出演)」なんてややソフトなCMになっている。昔の「コンドームを~」のCMみたいにぶっちゃっけた内容のものをまた流してもいいのではないかと思う。日本国内でもかなり深刻な問題なのだから。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年5月12日 (金)

「アニメ録画できず」テレ東に人骨(のようなもの)で抗議

 テレビ東京で4月26日に放送された「世界卓球選手権」が終了時間を延長したことにより、その後の番組が予定より30分繰り下げられて放送されることになった。
 繰り下げて放送された中にはアニメがあり、その「アニメが録画できなかった」としてテレビ東京に抗議文と「人骨のようなもの」を送りつけられる事件が5月8日に起きた。
 この日の放送された「いぬかみっ!」と「.hack//Roots」は自分もキャプチャーボードで録画していたが、この事件の話を聞くまで繰り下げて放送されていることに気づかなかった。
 今日内容を確認してみたら「いぬかみっ!」の放送(予定)時間には世界卓球が、「.hack//Roots」の放送(予定)時間には「いぬかみっ!」が録画されていた。
 昨日のフジテレビの夕方のニュースでは、抗議文には「アニメが録画できなかった」として具体的な番組名は書かれていないようなのに犯人が録画失敗したアニメは「いぬかみっ!」だと決めつけて報道されていた。
 ジャンルの好き嫌いもあると思うが、自分のように「いぬかみっ!」と「.hack//Roots」を両方録画していて録画を失敗したのは「.hack//Roots」の方かもしれないのに…
 犯人が「いぬかみっ!」のみを録っている人間なのでは? と言われればそれまでなのだけれど、当日放送され時間のずれたもう1つのアニメ「.hack//Roots」をフジが思いっきりスルーして萌えアニメ「いぬかみっ!」を大々的に取り上げたところにオタク叩きへの作為的なものを感じる。言い方は悪いが「萌えアニメを見ているような輩は録画失敗したくらいでテレビ局に骨を送りつけてくるんですよ」みたいな。
 だからといって人骨のようなものを送りつける行為は決して良いことではないのは当たり前なのだけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)