« 2017年8月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年10月15日 (日)

魔術破りのリベンジ・マギア1. 極東術士の学園攻略 子子子子子子子著 HJ文庫

久々にライトノベルを手にとってみたのが本作品。
二十世紀初頭のアメリカを舞台にした 陰陽道と西洋魔術のバトルアクションです。
キャラクター造形はライトノベル読者にとって馴染みやすい設定を取り入れつつ、作者の持つ陰陽道・西洋魔術に関する膨大な知識を駆使した作風に大変感心しました。


『陰陽道と西洋魔術が対決するとどうなるか?』が作品のキモとなっているが、キャラクターも実に特徴的。設定は基本をおさえているものの、会話がぶっとんでいるのです。
 現代の若者言葉、ネットネタ用語がばんばん使われているという! 二十世紀初頭、今から100年ほど前なのでありえません。だが、しかしその会話によって登場人物が実に活き活きとしているのです。
 会話に関して自分は『作中の会話は洋画の日本語吹き替えのように意訳されている』と受け止めました。
 洋画を日本語化する際、英語等をそのままそっくり訳しても理解できない場合があります。特にジョークやことわざが海外独特のものだと日本人にはさっぱりという例は多く存在します。
 もし、本作品が忠実に100年前の言葉でしか会話を表現しないようであればキャラクターの魅力もどうなっていたか? 当時の言葉を忠実に描く作品もありますが、エンターティメントであれば現代の言葉にするのもありなのではと感じました。


 本作品は日本が『大和皇国』と称されているので、我々の世界とは別の世界だから言葉遣いも違って当たり前ということかもしれませんが。


 普段のくだけた会話とはうって変わって呪文、詠唱の場面では忠実(だと思います。その関連に詳しくないのですみません)に唱えるのでそのギャップもなかなかのものです。
 呪文等を調べるのは大変に骨が折れる作業でしょう。作者の取材意欲には驚かされます。


 2巻も発売されているのでそちらも楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年8月 | トップページ | 2017年12月 »