« タブレットPCでひかりTV | トップページ | コマンドー日本語吹替完全版コレクターズBOX »

2013年5月 2日 (木)

冴えない彼女の育て方 2  丸戸史明著  富士見書房

また少し積ん読が減ってきました。
内容についてふれるのでネタバレされてもいいという方は続きをどうぞ。

ライトノベルを読みこんでいるわけではないので間違っているかもしれませんが、超おしゃれなショッピングモールがデートの舞台というのはラノベでは珍しいのではないかと感じました。
オタクにとってはアウェーすぎる場所を、コミケでの参加経験を活かしてショッピングデートをこなしていく場面はなかなかのアイデアではないでしょうか。

また、本編では随所に「もの作り(創作)の苦労・苦悩」が語られています。
徹夜でゲーム企画書の修正作業が代表的ですが、詩羽の決して人には見せられないであろう執筆中の独り言・貧乏ゆすりも創作時の苦悩がにじみ出ています。
テレビの情熱大陸とかで作家の執筆シーンがチラッと出てくることがあるけど、机に向かってさらさらと文章を書いているのはあくまでテレビ用のポーズだと思います。本当の執筆状況は視聴者に見せられるようなものではないでしょう。締め切り前には修羅場があるし編集者とは喧嘩するだろうし。

一巻の話になるけど、主人公がゲームの企画書をゴールデンウィーク中に数行(だったと思う)しか書けなかったエピソードは身につまされます。
自分も数日かけて数行しか書けないってのはザラなので胸が痛いです。

普通は視聴者や読者でいる方が圧倒的に楽しい。
好きなときに好きなものに触れられるし、面白くなかったら捨ててしまえばいい。感想はブログやツイッター・掲示板で好き放題に書ける。
今ですと、作品数が膨大でいろいろ見放題で楽しめますし。
作る側にまわるのはいろいろと大変です。正直面倒くさいことが多いし。
でも、楽しかったり嬉しいこともあるんです。
自分もいろいろ作ってきたけど、全部が全部が大変なことばかりってこともありませんでした。
観たり読むのも楽しいけど、ものを作るってのも魅力のあるところがあるんですよね。
そんなことを感じました。

|

« タブレットPCでひかりTV | トップページ | コマンドー日本語吹替完全版コレクターズBOX »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159982/57294864

この記事へのトラックバック一覧です: 冴えない彼女の育て方 2  丸戸史明著  富士見書房:

« タブレットPCでひかりTV | トップページ | コマンドー日本語吹替完全版コレクターズBOX »