« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月25日 (土)

英雄伝説 閃の軌跡の時代設定

閃の軌跡の公式サイトが更新されていました。
新しいものとしては軌跡シリーズの年表が発表されています。
年表によると閃の軌跡の時代設定は、零の軌跡から碧の軌跡のおおよそ中間あたりに位置する模様です。
零の軌跡と碧の軌跡をプレイしていないと閃のストーリー背景はちんぷんかんぷんになってしまうんでしょうか。軌跡シリーズは空の軌跡セカンドの前半までしかプレイしていませんが。
零の軌跡はPSVitaでも出ているので気にはなっているけどVita自体持っていません。
PSPに比べると画面がえらい綺麗なのでいいとは思うけど未だに手が出ていません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月19日 (日)

月刊閃の軌跡マガジン Vol.1とVol.2

先日、月刊閃の軌跡マガジン第3号を入手したけど1,2号も別のお店で見つけました。

1号は6ページと少なめで2号からはページがグッと増えてます。ただし閃の軌跡情報は少なめで零の軌跡のドラマCDなどが取り上げられていました。閃の軌跡情報は発売日に向けて少しずつ発表していくんでしょうね。
ソフトの発売が9月で今が5月だからまだまだ先の話なんて考えていますが、9月ってあっという間な気もします。
ソフトの予約受付は来月あたりなんですかね。ショップ特典をいろいろ見比べて予約したいとこです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月17日 (金)

英雄伝説 閃の軌跡 2013年9月26日発売

ファルコムのPS3ソフト「閃の軌跡」の発売日が決まったようです。
予想では年末あたりかと思っていたけどけっこう早い。
各ショップでは特典がつくだろうから、そのあたりも気になります。
軌跡シリーズは空の軌跡SC(PSP版)の前半までしか進んでいないけど、そこまでの知識で閃の軌跡を遊んでも大丈夫ですかね・・・。ザ・サードまでは購入しているのでクリアはしておきたいけど全然遊べてません。
PSP版でのドット風というか2Dグラフィックは実に好みなんですけど、軌跡シリーズがPS3ではどのように進化するかも非常に楽しみなところです。

家電店で「月刊閃の軌跡マガジン」というものがあったのでもらってきました。
3号目です。前から出ていたなんて知らなかった
1、2号の内容も気になるな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 4日 (土)

コマンドー日本語吹替完全版コレクターズBOX

コマンドーは吹き替え版が異様に人気がある作品です。
その日本語吹き替え完全版ブルーレイが出ると知ったのは少し前のこと。
5000セット限定らしいので「この枚数なら即売り切れだろう」なんてあきらめてましたが10000セットに変更されたらしい。
ネット通販でも今のところ絶賛販売中。買うかどうか悩んでいるところです。
当時のアフレコ台本+完全版に使われた収録台本までついているのがいいですね。

昔テレビで放送された吹き替え版がソフト化されないのは、当時の音質が悪かったり音源が残っていないからだと勝手に思い込んでいましたが、映画の放映する権利と販売する権利は全く別になっておりテレビ放映版をソフト化する際には契約がややこしくなるのが理由みたいです。
それと、テレビ放映版ですと上映バージョンに比べてカットシーンが多いからソフト化しにくいのかもしれませんね。ソフト化するならノーカット版の方がいいでしょうから。

最近では登場人物の名前や固有名詞を把握するために字幕版でばっかり映画を観ていますが、吹き替え版――特に昔のものは大好きです。
ジャッキー・チェンは石丸博也さんじゃなきゃ観ていて違和感あるし。

こうして吹き替え版がソフト化される流れができたってことは、渡辺徹・大場久美子のスターウォーズや織田裕二・三宅裕司のバック・トゥ・ザ・フューチャー、野村義男の超能力学園Zがソフト化される可能性もあるんですね←ねーよ

・・・・・・今、調べたら野村義男吹き替えの超能力学園ZはDVDで販売されているんですね。すごい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 2日 (木)

冴えない彼女の育て方 2  丸戸史明著  富士見書房

また少し積ん読が減ってきました。
内容についてふれるのでネタバレされてもいいという方は続きをどうぞ。

続きを読む "冴えない彼女の育て方 2  丸戸史明著  富士見書房"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »