« コミケ83おつかれさまでした | トップページ | 外付けハードディスク »

2013年1月20日 (日)

虐殺器官  伊藤計劃著 ハヤカワ文庫JA 早川書房

前から気になっていた本で、文庫版で読んでみました。

文庫の帯では、宮部みゆきさん・小島秀夫さん・伊坂幸太郎さんたちによるベタ褒めのコメントが寄せられています。しかも帯がとてもでかい。
実際に読んでみると、なんでここまで賞賛されているのかはとても納得できます。
自分は軍事関係の話は軍事知識が圧倒的に低いので、読むのに相当苦労するのではないかと思っていたのですがそんな自分でも読み終えられました。
内容はハードなのだけれど、主人公の一人称で書かれる文章がソフトで読みやすいのです。
現代にはないハイテク兵器も出てきますが説明がわかりやすい。
作品のテーマや背景、登場人物や国が抱える問題点が全て理解できたわけではありませんが、読み終えた後はいろいろと考えさせられます。本作は大変話題になったのでもうすでにいろいろと語られ、優れた評論もあるので難しいことはそちらにゆずります。

大森望さんによる解説で著者についていろいろ語られていますが、正直泣けます。そして、伊藤さんの原稿執筆速度の異様な速さに驚かされます。健康状態が決して良いとは言えないのに…。
もう一つ驚いたのは「虐殺器官」は第7回小松左京賞の最終候補に残り受賞には至らなかったこと。さらに最終候補に残ったもう一人の方は芥川賞作家の円城塔さん。このお二人がいても第七回は「受賞作なし」との結果になったそうです。
どんだけハードルが高いんだ小松左京賞…。

解説でも紹介されていますが、この作品にはいろいろと「小ネタ」が仕組まれています。
元ネタを知っている人は楽しめると思います。ゲーム・映画・伝説のテレビ番組からといろんなネタが詰まっています。
多分、どこかに小ネタ解説集みたいなものがあると思うのでチェックしてみるといいかもしれません。

|

« コミケ83おつかれさまでした | トップページ | 外付けハードディスク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159982/56583094

この記事へのトラックバック一覧です: 虐殺器官  伊藤計劃著 ハヤカワ文庫JA 早川書房:

« コミケ83おつかれさまでした | トップページ | 外付けハードディスク »