« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月28日 (月)

死ぬ時はスタンディングモードで

以前、装甲騎兵ボトムズに登場する兵器(AT)の一つ「スコープドッグ」(細かく言えばブルーティッシュカスタム)を実物大で製作し、話題となった倉田光吾郎さんが新たなロボットを作っておられます。
その名も「クラタス」
大きさは3,8メートルで人も乗れます。このスケール、まさにATです。
しかも、個人的に非常にツボとなったのがクラタスの下半身。4つの車輪が取付けられているのです。これはもう小型ガンヘッド! もちろん上半身もかっこいいですよ。
ボトムズとガンヘッドが好きな自分にはたまらないデザインです。

ロボットの拳を握ったり開いたりする動作テストの動画を観ますと驚かされます。
アニメや映画での想像上のものだったロボットが実現に近づいていくとは。(昔から工業用ロボットなどはありましたけど、それは置いといて)
操縦席には会話ができるコンピューターを装備してもらいたいですね。
操縦者が弱気な人だった時などには、唐突に野球の話をしつつ「確率なんてクソくらえでしょう」と励ますようなナイスな奴を。

ちなみに、今度のワンフェスで実機お披露目を予定されているそうです。
見に行きてぇ~。

なお、「クラタス」の製作には様々な方が協力していて、情報は「水道橋重工」として公式サイトにまとめられているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 9日 (水)

第十四回文学フリマお疲れ様でした

報告が遅くなりましたが、日曜日の文学フリマに参加してきました。

当日、当スペースにいらしてくれてありがとうございました。
購入してくれた方にはさらに感謝です。

実は文学フリマ翌日に38度3分の熱を出してしまいました。イベントが終わって気が緩んだのかもしれません。
幸いにも熱は一日で下がりました。2月末にも高熱を出したばかりなので、体には本当に気をつけたいですね。
昔は2~3年の間ずっと風邪になったことがないほど丈夫だったんですが、体力が落ちてきたのかな・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 6日 (日)

文学フリマ 見本誌コーナー

昨日、「オーバーニーソックスブラザー」を見本誌コーナーに置くと書きましたが、
事務局の案内をよく読んでみるとコーナーに置くのは原則として「新刊」だけだそうです。
「オーバーニーソックスブラザー」は前回の文学フリマで頒布しているので、今回は置いてはいけないようですね。

ご興味のある方はお手数ですがC-25の「たきざくら」まで足を運んでみてください。
立ち読み大歓迎です。

それでは家を出て会場に向かいます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 5日 (土)

明日は文学フリマ

明日はいよいよ文学フリマの日です。

「たきざくら」は東京流通センター1階EホールのC-25スペースになります。
文庫本「オーバーニーソックスブラザー」(頒布価格500円)を持っていきますので、時間がありましたらのぞいてみてください。
立ち読み大歓迎です

これから見本誌コーナーに置く用の本を準備します。
事務局からもらった見本誌ラベルに内容を記入し、それを本に貼り付けます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 3日 (木)

輪廻のラグランジェとAnother

我が地域では4月からようやく「輪廻のラグランジェ」と「Another」が観られるようになりました。
どちらの作品も前から気になっていたので嬉しい。

輪廻のラグランジェは4話まで観ました。オープニングがいい感じで、メカデザインも気に入ってます。
メカデザインは日産のカーデザイナーの皆さんが関わっているのとのこと。主役メカは曲線的な造りがなんとも特徴的です。なんか、プラモとか立体化にした時すごい良い感じになりそう。
爽やかな機体のカラーリングでシルエットも綺麗なのにも関わらず、コミカルな動きをさせてしまうのに驚きましたけど今ではそこが好きです。
物語の合間合間にある小ネタもいいですね。

Anotherは録画をしているのですが、原作とアニメのどちらを先に手をつけようか悩んでいます。なんだか、原作小説も気になっていて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »