« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月29日 (木)

コミケ81 12月31日(土) 東地区マ-31a たきざくら

31日・土曜日のコミケにサークル参加します。

当日の頒布物
新刊 「校内放送が恋を語る話2」 コピー誌48P  ジャンル・オリジナル青春ラブコメ
既刊 「校内放送が恋を語る話」 コピー誌48P   ジャンル・オリジナル青春ラブコメ                                                                                                                        頒布価格二冊あわせて100円
   

       「オーバーニーソックスブラザー」 文庫本 258P ジャンル・オリジナル男の娘格闘アクション
                      頒布価格800円
 

立ち読み大歓迎ですのでお時間がありましたらどうぞお立ち寄りください。
  
   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月10日 (土)

ザ・キング・オブ・ファイターズ 13  Xbox360版

12月1日の発売日にソフトが届き、暇を見つけては遊んでいます。
アーケードモードしかやっていませんが、かなり満足しています。
試合前のキャラクター同士の会話の豊富さや試合間に入るデモのグラフィックの綺麗さ等いいですね。あ、チーム別エンディングの絵も綺麗でした。
ジョイスティックは持ってないので、パッドを使用してのプレイですがすぐに慣れて技もそこそこ出ます。たまに勝手に超必殺技が出てしまうこともあるけれど。まあ、これは自分のコントローラーさばきのせいですが。
ステージ背景も気合が入っています。自分は象のずらりと並んだステージが好きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 8日 (木)

死ねばいいのに  京極夏彦著   電子書籍版

衝撃的なタイトルの小説です。
京極先生は時代物の他に現代を舞台にした話もいろいろ書かれています。
本作もその現代物。

殺されてしまった女の知り合いだと名乗る青年が、関係者の元を訪ね女について
聞いて回るのですがそこから浮かび上がった女の姿とはーーという感じのお話。
「俺、馬鹿だから」といいながらも関係者にたいしての鋭い指摘には目を見張るものがあります。
そして関係者にあびせられる青年の決め言葉。

本作は、今まで読んだ京極作品と比べると大変読みやすくなっています。
青年の言葉などはモデルがいるのかと思うほど生き生きとしていて、作品
に没頭しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »