« 第十回文学フリマ ブース取得 | トップページ | 月例会 »

2010年3月16日 (火)

文学少女と死にたがりの道化(ピエロ) 野村美月著 エンターブレイン 

 昨年の秋に部屋に積みっぱなしだった「文学少女」シリーズの第一巻をようやく読み終えた。
 天野透子はどれくらい本が好きというと、ページをちぎってそれを食べてしまうくらい程の読書好き。
 彼女の属する文芸部は二人だけ。後輩である男子・井上心葉に三大ばなしの短編小説を書かせてはそれを食べるという学校生活を送っていた。
 そんなある日文芸部に恋文の依頼が舞い込む。というのが序盤。

 好きな本を食べてしまうヒロインってあまり聞いたことがないような気がする。
 この物語における透子先輩の存在感は実に大きい。

 シリーズ第一巻が大変気に入ったので次の巻も読んでみようと思う。

|

« 第十回文学フリマ ブース取得 | トップページ | 月例会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159982/48063408

この記事へのトラックバック一覧です: 文学少女と死にたがりの道化(ピエロ) 野村美月著 エンターブレイン :

« 第十回文学フリマ ブース取得 | トップページ | 月例会 »