« 新宿で飲み会 | トップページ | 海の御先 1巻 文月晃 »

2007年9月28日 (金)

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 (ネタバレなし)

 昨日エヴァの新劇場版を見に行った。
 これから見る人の為に詳しい事は書かないことにする。

 レイトショーだと1200円で見られるというので、上映時間まで久々に一人カラオケで時間をつぶす。
 いろいろ歌ってふと気づいたのだけれど、採点方式を採用すると下手でも80点は取れるような気がする……。こないだの飲み会での76点というのは中の下っていう感じなのだろうか……。

 上映時間が近づいてきたので劇場へ向かう。
 席は半分ほど埋まっていた。時間のせいか、スーツ姿のサラリ-マンの姿がちらほらと見られる。
 予告ではアップルシード、バイオハザード3やほんの一瞬だけではあるが実写版「ひぐらしのなく頃に」の予告が流れる。
 いつも思うのだが、予告って本編が見たくなるように面白く作られている。当たり前か……。

 で、エヴァが始まる。
 今さら言うけど、正直エヴァにはグチやトラウマで語る言葉しか出てこない。
 特に前の劇場版はトラウマ映画の一つに入るぐらいだ。
 今回の劇場版はそれとは切り離してみる心づもりで見ることにした。

 前のテレビシリーズや劇場版を知らないとキツイけど。
 一言で言えば「すごい面白かった」
 庵野監督があんな気の利いた台詞をポンポン出すとは思わなかったのでその辺は素直に心惹かれた。
 そして映像が実に美しい。これを大画面で見られただけでも儲けもんだと個人的には思っている。
 そして何とといっても『熱い』
 エヴァってこんな熱い展開のある物語でもあるのだなぁと感じた。
 画面に見入り、ラスト40分はあっという間であった。(あくまで個人的感覚だけどね)
 
 『熱い』話が好きな人や映像表現に興味ある人にはおすすめだ。
 メカ関係はここ数年のアニメでは格別の出来といえる。

 次回作の『破』も期待できる。
 絵コンテが佐藤順一氏だからだ。

|

« 新宿で飲み会 | トップページ | 海の御先 1巻 文月晃 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159982/16601264

この記事へのトラックバック一覧です: ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 (ネタバレなし):

« 新宿で飲み会 | トップページ | 海の御先 1巻 文月晃 »