« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月30日 (日)

海の御先 1巻 文月晃

 今日、海の御先を購入した。

 「藍より青し」でお馴染みの文月晃による新作だ。
 舞台は東京より船で15時間もかかる南の島・奥律島。
 東京から来た少年と島に住む少女の恋愛物語というふれこみで物語りは始まる。
 おそらく南の島を取材したのであろう。背景がかなり綺麗に書きこまれている。南の雰囲気がよく伝わってくる。
 キャラは謎めいたヒロイン、ロリの眼鏡っ子、まじめ風眼鏡っ子、気の強いお隣の女の子、ちっちゃい女教師とバラエティにとんでいる。
 謎めいた島の儀式なんてのも出てくるので、「ひぐらしのなく頃に」を知っている人にはなにやら恐ろしい事件が……なんて想像するであろうが一巻を読んだ限りでは普通の恋愛もののようだ。ハーレム系も混じっているが。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年9月28日 (金)

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 (ネタバレなし)

 昨日エヴァの新劇場版を見に行った。
 これから見る人の為に詳しい事は書かないことにする。

 レイトショーだと1200円で見られるというので、上映時間まで久々に一人カラオケで時間をつぶす。
 いろいろ歌ってふと気づいたのだけれど、採点方式を採用すると下手でも80点は取れるような気がする……。こないだの飲み会での76点というのは中の下っていう感じなのだろうか……。

 上映時間が近づいてきたので劇場へ向かう。
 席は半分ほど埋まっていた。時間のせいか、スーツ姿のサラリ-マンの姿がちらほらと見られる。
 予告ではアップルシード、バイオハザード3やほんの一瞬だけではあるが実写版「ひぐらしのなく頃に」の予告が流れる。
 いつも思うのだが、予告って本編が見たくなるように面白く作られている。当たり前か……。

 で、エヴァが始まる。
 今さら言うけど、正直エヴァにはグチやトラウマで語る言葉しか出てこない。
 特に前の劇場版はトラウマ映画の一つに入るぐらいだ。
 今回の劇場版はそれとは切り離してみる心づもりで見ることにした。

 前のテレビシリーズや劇場版を知らないとキツイけど。
 一言で言えば「すごい面白かった」
 庵野監督があんな気の利いた台詞をポンポン出すとは思わなかったのでその辺は素直に心惹かれた。
 そして映像が実に美しい。これを大画面で見られただけでも儲けもんだと個人的には思っている。
 そして何とといっても『熱い』
 エヴァってこんな熱い展開のある物語でもあるのだなぁと感じた。
 画面に見入り、ラスト40分はあっという間であった。(あくまで個人的感覚だけどね)
 
 『熱い』話が好きな人や映像表現に興味ある人にはおすすめだ。
 メカ関係はここ数年のアニメでは格別の出来といえる。

 次回作の『破』も期待できる。
 絵コンテが佐藤順一氏だからだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月21日 (金)

新宿で飲み会

 先週に引き続いて昨夜も新宿で飲み会があった。
 
 今回行ったのはは今までよく利用している穴場の店。
 一人暮らしではなかなか食べない魚料理と野菜をたらふくいただいてきた。
 残暑もまだまだ厳しいのでビールが美味い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月18日 (火)

らき☆すた 第24話「未定」

 先週の予告で『未定』となっていた最終回タイトルだが、本当に『未定』というタイトルであった。

 文化祭の準備および当日のエピソードを描いた今回。
 文化祭は当日も面白いが準備も楽しかった事を思い出される。労力とかいろいろと大変だけどね。
 ED曲の白石の歌がそのエピソードにぴったりな曲で感心した。
 だが、オッサンでないとわからないぞ……曲の元ネタ……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月16日 (日)

スカイガールズ 第1話

 月例会で話題にあがったスカイガールズの第1話を見た。

 制作がJCスタッフ、キャラデザが岩倉和憲氏(藍より青し・キャラデザ担当)音楽が光宗信吉氏(ちっちゃな雪使いシュガー、ローゼンメイデン音楽担当)と自分的には非常に気になるスタッフ。
 岩倉さんはOPのテロップで確認しなかったからわからないくらい絵が変わったような気がした。あきらかに藍青やダフネの頃とは違う。
 第1話ということもあり簡単なキャラ紹介で話は終わる。今後どうなるか見続けてみようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月15日 (土)

なめくじの感触

 今日なめくじを踏んだ。素足で……。
 トイレに行こうとして部屋を横切ったら足の裏に生ぬるくブニョブニョな感触が。
 床を見るとそこにはナメクジが蠢いていた。
 幸いにも踏み潰してはいなかったのでティッシュに包んで外へ出した。
 どこから入ってきたんだか……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月14日 (金)

新宿で飲み会

 昨日は新宿で飲み会があった。

 行った店は焼肉店。
 恥ずかしながら、外で焼き肉を食べるなんて二年ぶりぐらいだ。
 ビールを飲みすぎて焼き肉を食べ過ぎると痛風になりやすいというが、たまにならいいだろう。マジで久しぶりの焼き肉だった。
 その後は(飲み会では)久しぶりにカラオケに行った。
 その店は採点が勝手にされてしまう店で、異様に緊張したが二曲歌ってどちらも76点だったのでなんとか体裁は保てた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月12日 (水)

マルドゥック・スクランブル―The First Compression 圧縮  冲方 丁著  早川書房

 昨年買ったマルドゥック・スクランブルの一巻を読み終えた。

 イラストは寺田克也が担当で、その雰囲気に合うハードなSF小説だ。
 この場合の『ハード』は主人公である少女の設定(なんと娼婦)や敵たちの性的思考が過激という意味である。特に敵の姿は異様過ぎて読んでいて気分が悪くなるくらいだ。
 
 この小説はGONZOでアニメ化が予定されていたらしいが残念ながら製作中止となってしまった。
 内容のハードさが問題になったのだろうか。原作そのまま映像化すると間違いなくどぎつくなるとは思うが。
 OVA化だと聞いたのでけっこう規制は緩くても平気なんだろうけど……。

 ともかく一巻は面白かった。今後出てくるであろう話題のカジノシーンはすごいらしいので期待して二巻を読むことにする。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月11日 (火)

らき☆すた 第23話「微妙なライン」

 らきすたも次回がいよいよ最終回。
 こないだ始まったかと思ったのに早いもんだ。

 今回も先週に引き続き初登場の声優さんが。
 ○○さんってああいうキャラなのか? それとも只のネタ?
 それとレギュラーではみさおの出番がけっこう多かった気がする。
 最初は抵抗のあったみさおの特徴ある声だけど今ではもうクセになって、彼女が本編に出てこないと落ち着かない(笑)

 今度、ねんどろいどでこなたとかがみが出るらしい。

 http://www.nendoroid.jp/


 これはちょっと欲しいけど三種類も出るのかよ……(泣)
 1体四千円もするのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 6日 (木)

聖地の珈琲

 東京ビッグサイトでこのような缶コーヒーが発売された。

 http://www.mainichi-msn.co.jp/entertainment/photojournal/news/20070903mog00m200004000c.html

 夏コミの時にも発売されてたとのこと。当日は参加していたのに全く知らなかった……
 おみやげに買ってきたかったなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 4日 (火)

らき☆すた 第22話

 らきすたもいつの間にやら22話。
 2クールならばもう少しで終わってしまう。

 今回の見どころはなんといってもBパートだろう。
 泉家のエピソードにけっこうグッときった。

 脇の登場人物にしぶいキャスティングしてるよなーとは見ていてよく思う。
 立木文彦とかくじらとかそして今回初出演のあの方。
 次回予告でネタをやる為のキャスティングかもしれないが(いや、それはないか)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年9月 1日 (土)

DVD 七人の侍(2枚組)<普及版>

 前から欲しかった七人の侍が11月9日に低価格になって発売される。

 以前は高額でなかなか手が出せなかったけど、二枚組みで5040円と安くなったのでこれは嬉しい。
 今日見たテレビ朝日のクイズ番組によるとスピルバーグは映画撮影前に必ず七人の侍を見るのだそうだ。
 サムライ7を見た人で本家をまだ見ていない人はこれを機会にぜひ見て欲しい。
 すでにレンタルでもあるかもしれないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »