« リメイク版転校生  | トップページ | 新宿で飲み会 »

2007年5月14日 (月)

ドラマ版めぞん一刻

 テレビ朝日で放送されたドラマ版めぞん一刻を見た。
 管理人さん及び一刻館の住人のキャスティングはなかなかいいと思う。
 四谷さん役の岸部一徳は年がいきすぎかなぁとも感じたけど、原作での仕事から素性全てが謎な雰囲気をぷんぷんとかもし出していて悪くはない。原作にない(と思う)五代の受験勉強を見てやるシーンも新鮮だった。
 響子さん役の伊東美咲は見た目はいいんだけど演技が……。ドラマの電車男でのエルメス役を見た時はわざとああいうたどたどしい演技をしていたと思っていたのだけど、そうじゃなかったのか……。
 それでも総合評価でいけば昔の映画版の石原真理子よりは数段マシだけど。

 今回は2時間のスペシャルドラマということで、原作の話の序盤しか描かれなかった。だが、ラストあたりの様子から察すると続編というかレギュラーで作る気満々っぽい。漫画原作のドラマ化って流行っているし。
 正直今回のドラマは面白くなかったので、次を作る時は頑張って欲しい。放送時間が2時間あった割にはなんか中身がスカスカな気がした。

 あと、細かいところでいうと、五代の部屋にあるクッションの柄が原作にあったものとかなり似ていて吹いた。わざわざドラマ用に作ったのか?

|

« リメイク版転校生  | トップページ | 新宿で飲み会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リメイク版転校生  | トップページ | 新宿で飲み会 »