« 池袋~新宿 | トップページ | コミケ72 参加費振込 »

2007年2月 5日 (月)

レ・ミゼラブル 少女コゼット 第5話「ジャヴェールの疑惑」

 前半はマドレーヌ市長とジャヴェールのエピソード、後半はコゼット、そして+αでファンティーヌのエピソードという構成であった。
 市長と警部はどちらも声優が渋い声でぞくぞくするほどカッコ良い。コゼットやファンティーヌの出ているシーンと比べるとまるで全く別のアニメを見ているかのような錯覚を覚える。単にコゼットが萌えキャラ化しすぎているだけかもしれないけど。
 それからファンティーヌと同じ職場で働いている女性(名前は忘れた)が「スクールランブル」に出てきそうなキャラだなぁと思って見ていた。キャラデザの渡辺はじめがスクールランブルのキャラデザと作画監督をしていたから似るのもおかしくない話なのだけれども。
 
 とりあえず原作の流れはみなもと太郎先生の漫画や映画、ドラマなどで知っているので、今回随所に出てきた台詞や出来事が今後の話の伏線として貼られているのがわかり見ていて実に面白い。

|

« 池袋~新宿 | トップページ | コミケ72 参加費振込 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159982/13803853

この記事へのトラックバック一覧です: レ・ミゼラブル 少女コゼット 第5話「ジャヴェールの疑惑」:

« 池袋~新宿 | トップページ | コミケ72 参加費振込 »