« ドラマ白虎隊 | トップページ | GOTH 夜の章 乙一著  角川書店 »

2007年1月 8日 (月)

実家が火事になりかけた

  今日、オカンから電話があった。
 なんでも隣の家でボヤ騒ぎがあったとのこと。
 原因は隣の家のおじさんが、強い風が吹いているにも関わらず庭の隅で七輪で魚を焼いていたから。その火は風にあおられて隣家の車庫をちょっと焼いたらしい。
 火事に初めに気づいたのは、家の中にいたオカンで、部屋が異様に焦げ臭いので外に出たら隣家の車庫から火が……ということだ。
 隣のおじさんは何をしていたかというと、魚を焼いているにも関わらず途中で家に引っ込んでしまい、火を全然見ていなかったらしい。
 隣家の車庫はウチの家にかなり近いので、もしオカンが火に気づくのに遅れたらと思うとぞっとする。
 火に気づいたオカンは血相を変えて水をかけていたが、おじさんはさして驚きもせず飄々としていたそうだ。
 あんまりこういうこと言いたくはないけど、風の強い日に庭で魚を焼きしかも火を見ていないなんておかしいですよカテジナさん!
 おじさんはどこか絶対おかしいか、よほどのうっかり者ですよ。
 ウチは木造だから火が回ったら一瞬で燃えちゃうだろうから本当に勘弁してほしい……

|

« ドラマ白虎隊 | トップページ | GOTH 夜の章 乙一著  角川書店 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159982/13394834

この記事へのトラックバック一覧です: 実家が火事になりかけた:

« ドラマ白虎隊 | トップページ | GOTH 夜の章 乙一著  角川書店 »