« コミケ延長戦 | トップページ | ドラマ白虎隊 »

2007年1月 6日 (土)

夜市 恒川光太郎著 角川書店

 正月、実家に帰った時に読んだ本。
 第12回日本ホラー小説大賞受賞作で、てっきり死ぬほど恐ろしい話かと読む前は思っていたが、怖さよりも「これからどうなるの?」というハラハラ感や独自な物語設定に魅了された。
 「夜市」は短編小説ではあるが、世界設定をこの話だけで終わらせるにはもったいないと感じた。夜市シリーズとか言っていくらでも話を書けるのではないだろうか。
 ホラー小説はもうネタが出尽くした感があるが、本書を読んで「こういう手もあるか」と思わず膝を叩いた。
 書き下ろしで収録された「風の古道」も良い。
 こちらも作者独特の世界観が発揮されていて面白かった。
 面白い話であるにも関わらず、ラスト数行を冷めた文で締めているところは作者の照れ隠しだろうか。 

|

« コミケ延長戦 | トップページ | ドラマ白虎隊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159982/13360066

この記事へのトラックバック一覧です: 夜市 恒川光太郎著 角川書店:

« コミケ延長戦 | トップページ | ドラマ白虎隊 »