« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月29日 (金)

コピー誌印刷中

 原稿のチェックをかねて少しだけ出力をしてみる。
 これなら本格的に印刷をしても良さそう。
 ページ数は40ページ。そこそこのボリュームになる。
 頒布価格は200円ですのでよろしくです。
 ちなみに「ホストとメイド(仮)」は「客ゲッCHU(きゃくげっちゅう)」というタイトルになりました。

>カードファイターズDS
 カプコンキャラのレアAカードが残り2枚を残してだいたい集まる。
 SNKキャラのレアAはミナといろは、舞が出た。ミナと舞はめちゃくちゃエロい絵だが、いろはは意外と大人占めであった。
 残りのカード集めはコミケ会場でのんびりとやる事にしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月25日 (月)

冬コミの頒布本(Fate小説本)

 今回の新刊はコピー誌。
 Fateの短編小説を2本予定しています。
 1本目は「聖杯特捜隊セイバスター」
 元ネタが〝地球特捜隊ダイバスター〟なので、それを知らないと読んでてきついかもしれません。
 2本目は「ホストとメイド(仮)」
 文化祭で士郎のクラスが出しものでホストクラブをやる話で、そこにメイド姿の凛(彼女のクラスの出し物はメイド喫茶)がやってきて……という話。
 今回もサークル「投げはめ」のりろさんに表紙をお願いしました。
 メイド姿の凛を実にいい感じに描いてもらいました。
 夏コミで出した「月姫小説」(オフセット本)の在庫もあるのでそれも持って行きます。
 現在2本目の小説を半分まで書きました。当日ちゃんと出せるようにします……。
 スペースは日曜日 東地区 ル-37a。
 「カードファイターズDS」のレアAカードが結構集まったきたので、トレードを募集しようかと思ったけどスタッフに怒られそうだからやめた方がいいかなぁ。

 >今日の買物
 ショップ99でけっこう大きいクリスマスケーキが約500円で売っていたので購入。
 味は全然期待してなかったのだけど意外と美味かった。甘さもひかえめで食いやすい。
 しかし食うのは1人(笑)今日と明日に分けてね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月19日 (火)

SNK VS CAPCOM カードファイターズDS その2

 とりあえずコミケの原稿が1本仕上がったので、ちょっとカードファイターズDSで遊ぶ。
 ストーリーモードで6Fまで進ませて、4Fのショップでひたすらスクラッチカードを買いまくる。
 昨日と今日で、レアAの天草四郎、オメガ・ルガール、クーラ、ハヤテ、B・ジェニー、ギル、私服モリガン、ゼロを手に入れる。
 B・ジェニーと私服モリガンのイラストがなかなかエロい。色の属性が黄色のカード中心のデッキにしているのでこの2枚を加えてみた。
 あと、店でソフトのおまけにもらったポケットブックを読んでいたらキャラクターカードにADKのニンジャマスターズのサスケがいたことに気づく。ADKでは、マニアックなゲーム「痛快GANGAN行進曲」のキャラも登場しているけど、さらにマニアックなニンジャマスターズからもキャラを持ってくるとは予想外だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月17日 (日)

SNK VS CAPCOM カードファイターズDS

 コミケ会場での暇つぶし用にと購入。
 前にネオポケ用ソフトで遊んだ事があるけど、それとは全くの別物。
 ストーリーモードは序盤の相手はそれほど強くなくサクサク進めるけど8人目の相手(3Fのボス)から異様に強くなる。しかも、レアカードばかり持っておりこれ見よがしに場に出してくる始末だ。まあ、それまでにおおまかなルールが理解できて遊べるようになっているところは良い。カードイラストも綺麗で良い。せっかく綺麗なのだからもっと大きく画面に表示されてもいいと思うのだけれど……。
 このソフトはカードゲームなのだけれど、残念ながら対戦で遊ぶにはかなり厳しい。
 デッキに1種類のカードを4枚まで組み込む事が可能なとこが難点だと思う。しかも、自分の持っているカードを4枚まで増やせるバグが見つかってしまい、人と遊ぶにはお互いにルールを設けておかないと面白くないだろう。(強力な1種類のカードを4枚いれるマネもできるのだから)
 せっかくいい題材なのだから、もう1度練り直して続編を作ってもらいたい。

 今日、カードファイターズを買いにゲームソフト店に行ったのだが、その店ではドリキャス用ソフトで出る「トリガーハート」が完全予約にて販売する告知があった。しかも締め切りは今月の19日……異様に早い締め切りだ。これはもう早めにアマゾンかセガダイレクトで予約したほうがいいか……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月14日 (木)

銀魂 第35話

 今週もすごかったの一言につきる。
 もし録画していてまだ見ていない人がいるのなら、すぐにでも見てもらいたいくらいだ。
 ネタバレになるので多くは語れないけど、リアルタイムで見ていた人は構成のすごさにかなり驚いたんじゃないかと思う。
 本当にスタッフがやりたい放題で、ここまで極めると実に爽快な気分になる。
 これからは高松信司監督作品は一生見続けますわ。

>今日の出来事
 いつも使っていたホームページ作成ソフトの調子が悪くて、更新が出来なくなってしまった……アットニフティ経由でHTMLを用いて更新する事も可能だが、それだとかなり骨が折れそう……。
 原稿は1本目が三分の二まで進む。しかし、書いても書いても終わらない感じだ。たいしたページ数でないのに。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月11日 (月)

どーすんの!?オレ カード

 ライフカードのCMでお馴染みのカードが玩具として発売された。

 http://www.amazon.co.jp/gp/product/B000JRJBUY

 カードに書かれた内容は「転職」「独立」「昇進」等CMで登場したものが24枚と白紙のカードが1枚。
 年末年始のパーティーグッズとしてよさげな感じだ。グッズといえば数年前の12月頃にトリビアの泉の「へぇボタン」も玩具として発売されていたような気がする。今回のグッズもそのノリに近そう。
 原稿締め切り間際に「どーすんの!?おれ」とか言って、「無理」「あきらめる」「封印」の中から1枚選ぶとかしてライフカードのCMごっこをしてみるのもいいかと。いや、この3つから選んじゃいけない。
 商品に白紙カードが後2枚くらい入っていれば、独自の三択ができるのだがそれがないのが残念なとこか。

>今日の出来事 
 冬コミ用の原稿は書くには書いたが、またペースが落ちてしまった。このブログを書いた後もう少し書いて見ることにする。
 それから、某小説賞の1次選考を通過していたらしい。自分の名前(別のペンネームにしてあるけど)と作品タイトルが発表されているとなんか非常に嬉しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月10日 (日)

ドラマ版地獄少女 第6話「約束の赤い糸」

 第6話はこれまで見た話の中で一番面白かった思う。
 詳しく話すとネタバレになるので多くは語れないが、意外な展開には驚かされた。
 話はアニメ版にもなかったケースなのでそこもまた新鮮だった。
 やはり前回からドラマ版独自の展開に入ったようだ。
 それから、次回、アニメ版一目連役の松風雅也が出演するらしい。ドラマ版の一目連と共演したりしたら面白いのだがその辺どうなるだろうか。

>今日の出来事
 今日も冬コミの原稿を書いていた。
 なんとか400字詰め原稿用紙に換算して7枚ほど仕上げる。
 本当に書くの遅っ……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 9日 (土)

銀魂 第34話「恋にマニュアルなんていらない」

 いきなり若本規夫さんがセクハラ親父役として出てきていて吹いた。
 なんで、電車内で女の子にセクハラ?と思ったら今回の話のベースは「電車男」らしい。
 若本さんの声ってブルードラゴンのCMも担当している事もあり、ここのところ毎日テレビで聴いているような気がする。
 新八メインの話のだけれど、桂と近藤、さっちゃんがかなりおいしいポジションにいて3人の行動だけでも充分面白い。特に桂の「切腹しろ切腹しろ切腹しろ……」はうまく使っていると思う。現実の2ちゃんねるでは煽りというか中傷として「氏ね氏ね氏ね……」だけど銀魂の世界ではこんな書き込みになるんだね。
 ラストあたりの新八の番組に対するぶっちゃけた発言の数々もすごい。「打ち切りなんて知るかぁぁぁ」って……いや、今の時間帯になってせっかく面白くなってきているのでそれはすごい困る。
 今回の脚本は横手美智子。以前の鍋の話といい、脚本が横手美智子になると、銀魂は異様に神がかったように面白くなる。

>今日の出来事
 昼からずっとコミケの原稿に取り掛かっていたものの、全然筆が進まない。
 コピー本なのでぎりぎりまで粘れる事は粘れるけど、余裕を持って早めに仕上げておきたいのだが……
 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年12月 8日 (金)

新宿で飲み会

 昨日は新宿で飲み会があった。
 久しぶりに鯨料理を食す。料理の中では鯨の竜田揚げが一番うまかった。
 自宅ではつまみを用意せず、酒だけを飲むことが多いのだけれど、店で食べながら飲むというのもなかなか良い。
 ちょっとした事情から今回だけ酒をおごっていただくことになり非常に嬉しかった。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 3日 (日)

ドラマ版地獄少女 第5話「偽りの墓碑銘(エピタフ)」

 今回から、ドラマ独自の展開が始まったような気がする。
 柴田一の妻の設定がアニメ版とは変わっており、今後の話に影響を与えそうな雰囲気である。
 そして、仕置きシーンがこれまでにないくらい残酷で、この辺がアニメ版とドラマ版の違いを決定的にしたんじゃないかと感じる。これだけ残酷な描写が可能なのも深夜ドラマだからであろう。ちなみにこの時の小倉久寛は異様に怖かった。

>昨日の出来事
 昨日は月例会があった。秋葉ではコミケカタログを購入。池袋ではカラオケ屋で一曲も歌わずに6時間半雑談。
 その時、柊真也さんから三国志大戦のカードを色々といただく。ゲームをろくすっぽやりもしないのに、カードだけはそこそこ集まってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 1日 (金)

ドラえもんが配っていたもの

 本日は「世界エイズデー」で、HIV感染予防を訴えるイベントが世界各地で行われた事を伝えるニュースがあった。

http://www.mainichi-msn.co.jp/entertainment/geinou/etc/english/20061201aids/

 記事によると中国上海では、ドラえもん(着ぐるみ)が街頭でコンドームを配ったのだそうだ。
 嘘だろうと思ったけど写真まで掲載されていて、その着ぐるみはうまい棒のパッケージに出てくる「あいつ」なんかじゃなく、間違いなくドラえもんだった。
 小学館から怒られるんじゃないかなぁ、これ。
 ドラえもんに驚いたけど、中国(しかも街頭)でコンドームを配布する状況は正直意外な感じがした。中国というと、街頭活動に大変うるさそうなイメージがある。今は状況が変わっているかもしれないけど、かなり前、日本のロック歌手が天安門広場でゲリラライブをしようとした時は警備の人が今にも飛んできそうななほど場はピリピリとしたムードだったそうだ。まぁ、去年、反日デモが行われたぐらいだから今はもう変わってしまったのだろう。多分。

 もちろんHIV感染防止活動は大事だ。日本でもテレビのCMを使って「コンドームを使いましょう」というのを昔やっていたけど、今は「HIV検査は気軽に出来ますよ(パペットマペットが出演)」なんてややソフトなCMになっている。昔の「コンドームを~」のCMみたいにぶっちゃっけた内容のものをまた流してもいいのではないかと思う。日本国内でもかなり深刻な問題なのだから。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »