« 世界名作劇場 レ・ミゼラブル 少女コゼット | トップページ | 銀魂 第30話「アイドルだってほぼお前らと同じことやってんだよ」 »

2006年11月 8日 (水)

NHK「あの歌がきこえる」の漫画ドラマを竹本泉が担当

 たまたまテレビを見たらNHKで「あの歌がきこえる」という番組をやっていた。
 内容は視聴者の音楽にまつわる思い出を漫画化するものというものだ。
 今回取り上げた曲は長淵剛の乾杯。ここまでは別にいいのだけれど、漫画の担当が竹本泉で吹いた。簡単ではあるが竹本泉の経歴と共に代表作として「あおいちゃんパニック!」が紹介された。「あおいちゃんパニック!」は知る人ぞ知る有名な漫画だけれど、テレビで紹介されるのは初めてではないだろうか、多分。
 竹本泉の作品は最近ではドリマガ(現ゲーマガ)に掲載されたものしか知らないけれど、それと比べると番組での漫画はかなり気合を入れて描いていたように見えた。ちなみに全ページフルカラーである。雑誌のコラム的漫画と番組向けに描いた漫画を比べるのはおかしいかもしれないけど…。  
 次回取り上げる曲は吉田拓郎の「春だったね」漫画担当は高橋よしひろ。
 高橋よしひろってことはやはり犬が登場するのだろうか。こちらもなかなか渋い人選である。

|

« 世界名作劇場 レ・ミゼラブル 少女コゼット | トップページ | 銀魂 第30話「アイドルだってほぼお前らと同じことやってんだよ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159982/12610333

この記事へのトラックバック一覧です: NHK「あの歌がきこえる」の漫画ドラマを竹本泉が担当:

« 世界名作劇場 レ・ミゼラブル 少女コゼット | トップページ | 銀魂 第30話「アイドルだってほぼお前らと同じことやってんだよ」 »