« アメトーク ガンダム芸人特集 | トップページ | 実写版地獄少女 第2話「箱の中の少年」 »

2006年11月11日 (土)

ウルトラマンメビウス 第32話「怪獣使いの遺産」

 今回のメビウスは「帰ってきたウルトラマン」第33話「怪獣使いと少年」の続編として作られている。
 ただし、残念ながら、「怪獣使いと少年」ほど印象に残らない話だったように思えた。
 「怪獣使いと少年」は河原で暮らす少年へのいじめシーンや、少年を宇宙人と思い込んだ近隣住民が河原に大挙して押し寄せ少年をリンチしようとするシーン、そんな住民の行動によって目覚めてしまった怪獣を「怪獣をおびき出したのはあんた達だ」と住民に怒りを覚えた郷秀樹が退治を拒否するシーン等印象に残る場面が多い。
 過激なシーンだけではなく、作品には「差別」という問題提起が訴えてられている。
 実際、この第33話を道徳の教材として使う先生もいる。ちなみに、自分が中学か高校の時に見させられた同和問題啓蒙ドラマが第33話とかなり似たような話で、33話を元ネタに作ったじゃないんかと、このブログを書いている途中で思い出した。

 「怪獣使いと少年」のように「怪獣使いの遺産」も暗い話を期待したところそうでなかったのも少し残念だった。
 しかし、「怪獣使いと少年」はウルトラシリーズの中でも異質ともいえる暗い話で、メビウスで同じような暗い話は無理だったのかもしれない。
 それぐらい「怪獣使いと少年」はかなり救いの無い話だった。    

|

« アメトーク ガンダム芸人特集 | トップページ | 実写版地獄少女 第2話「箱の中の少年」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159982/12649785

この記事へのトラックバック一覧です: ウルトラマンメビウス 第32話「怪獣使いの遺産」:

« アメトーク ガンダム芸人特集 | トップページ | 実写版地獄少女 第2話「箱の中の少年」 »