« ガンプラEXPO | トップページ | レモンエンジェルプロジェクト9~10話 »

2006年9月 1日 (金)

新宿で飲み会

 昨晩は新宿で飲み会があった。
 久しぶりに鯨料理の食べられる店に入る。鯨肉の入荷量が増えたせいなのか、メニューが前に来たときよりも増えていた。が、結局食べたのは竜田揚げであった。
 なにかの拍子で「主役は印象が薄いけど悪役や脇役が印象に残るアニメって多いよね」という話になった。
 確かにタイムボカンシリーズでも三悪人が目立っていたし、赤塚不二夫のおそ松くんではおそ松よりイヤミやチビ太達の方が記憶に残っている。「天才バカボン」もタイトルからして主役はバカボンであろうに、どう見ても主役はバカボンのパパだった(赤塚不二夫が元々そういう風に考えていたかもしれないけど)「モーレツア太郎」でもア太郎よりはニャロメ、ココロのボス、ケムンパスやベシが目立っている。
 主役のキャラクター性の強さも重要だけど、脇を固めるキャラクターを「立った」ものだとさらに話が面白くなるんだろうなと今さらながら意識させられた。まぁ、キャラクター同士のバランス感覚も大切なのだろうけど。

|

« ガンプラEXPO | トップページ | レモンエンジェルプロジェクト9~10話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159982/11749753

この記事へのトラックバック一覧です: 新宿で飲み会:

« ガンプラEXPO | トップページ | レモンエンジェルプロジェクト9~10話 »