« テレビ東京のすごい番組編成 | トップページ | ウイッチブレイド DVDオリジナル解禁版 第1話 »

2006年6月16日 (金)

デトロイト・メタル・シテイ増刷

 手に入らないとあきらめかけてた「デトロイト・メタル・シティ」がたまたま行った本屋に一冊だけあったので即確保。
 「D・M・C」は連載途中から知ったのでようやく最初の話を知ることが出来た。
 連載途中から読んだ限りでは、デスメタルが嫌いなのにデスメタルバンドのボーカル(兼ギター)を担当して人気が出てしまう青年のジレンマをテーマにしただけのギャグ漫画だとイメージを持っていたが、単行本で通して読んでみるとかなり悲惨な話だと思った。
 残虐非道なクラウザーⅡ世(『幼い頃に両親を殺した』という勝手な設定までつけられている)を演じなければいけないが為に、根岸青年は片思いの女性や学生時代に唯一慕ってくれた後輩、アパートの隣に住む親切なおじさん、果ては警察官までも酷い目に遭わしてしまう。傍から見ればギャグなのだけれど、根岸本人にしてみればクラウザーを演じることは地獄にいるようなものだ。
 この手のギャグ漫画の宿命として今後話がエスカレートしていくしかないのだけれど、それを見ていくのが楽しみのような怖いような少し複雑な気分だ。
 …なんか変な漫画の読み方をしている…

>新宿で飲み会
 飲み会の前にゲーセンへ寄った。 
 三国志大戦2は満席+4~5人待ち状態。当分は混みあうようだ。しばらくは遊べそうにない。
 自機がスク水風衣装の女の子で話題のシューティングゲーム、トリガーハート・エグゼリカはまだ入荷されていなかった。基盤はNAOMIを使用しているらしい。基盤システムの中ではずいぶん長持ちしていると思う。NAOMIを用いているなら、コンシューマー移植する際はドリキャスが楽なのだけれど…もう無理か。 
 飲み会の場所は普通の居酒屋チェーンを選んだのだが、なぜか入り口に入るとレースクイーンのようなミニスカート姿の女性が二人いた。一瞬、それ系の店に入ったのかと焦ったが、たまたま何かのキャンペーンだったらしい。30分ほどしたらいなくなっていた。

|

« テレビ東京のすごい番組編成 | トップページ | ウイッチブレイド DVDオリジナル解禁版 第1話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159982/10572460

この記事へのトラックバック一覧です: デトロイト・メタル・シテイ増刷:

« テレビ東京のすごい番組編成 | トップページ | ウイッチブレイド DVDオリジナル解禁版 第1話 »