« ガンプラ製作は脳が鍛えられる | トップページ | キル・ビル Vol.1 »

2006年5月25日 (木)

ペットは飼い主が責任を持って面倒を見ましょう

 題名はこの間の銀魂のタイトルから持ってきてみた。

 たまに利用するネットショップ・萌え組から送られてくるメルマガが最近面白い。
 食玩・フィギュア等の発売日・入荷情報も重宝するけど、担当の人の悲喜こもごもとして語れる日常生活がなかなか良い。
 先日の話は、担当の人が住むアパートの隣室のカップルがペットショップで子犬を購入したけど、アパートの住人か誰かに通報されたらしく(部屋でペットを飼うのは禁止)早速カップルの両親と思しき人に引き取られていったというものであった。
 そしてその話には続きがあり、担当の人の隣室から女性の「絶対あのロン毛(担当の人)が密告った」と叫び声が聞こえたとの事。
 カップルの逆恨みで担当の人に何か危害が加えられなければいいけど…

 近所のペットに関してはウチも悩まされている。
 隣室で飼っている人はいないのだが、向かいのボロアパートから聞こえてくる室内犬の泣き声がうるさくて大変なのだ。その泣き声は甲高くとてもデカいので本当に困る。
 おそらくそこもペット禁止だろうから管理会社にでも相談すればなんとかしてれるかもしれない。
 ペットを飼っているのは実はそのアパートの大家さんだったりするかもしれないが。
 そうなると住人は文句は言えなさそうだ。

|

« ガンプラ製作は脳が鍛えられる | トップページ | キル・ビル Vol.1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159982/10270896

この記事へのトラックバック一覧です: ペットは飼い主が責任を持って面倒を見ましょう:

« ガンプラ製作は脳が鍛えられる | トップページ | キル・ビル Vol.1 »