« 涼宮ハルヒの憂鬱 第2話 | トップページ | SAMURAI 7 »

2006年4月13日 (木)

吉永さん家のガーゴイル 第2話

 例によって吉永さん家のガーゴイルも原作は知らない。
 見所(というか聞きどころ)はガーゴイル役の若本規夫だ。
 30分延々と若本ボイスを堪能できるのは素晴らしい。
 他には、ガーゴイルと犬や店前に置いてある人形との会話シーンがいい。
 特にガーゴイルと人形は表情がないものだから、凝ったカット割と声優の演技力を用いて工夫して作られている。
 人間ではない物を面白おかしく見せるその手法は「オー!マイキー」(出演者全員がマネキン人形のコメディー番組)に通ずるものがあると思った。

>吉宗 第2話
 昨日たまたま見た。
 アニメ制作はAIC、監督は佐藤博暉(代表作KEY THE METAL IDOL)、原画は牧野竜一だった。(後で調べたらOPの原画も担当していた)
 このアニメにこのスタッフは大変もったいない…どうせなら他のアニメのスタッフをやってほしかった。(吉宗は24回も放送するらしい…)

>女子高生 第2話
 今回は健康診断の話だった。
 役柄とストーリーの流れで仕方ないだろうが、生天目仁美がまさか「乳首」なんていうとは思わなかった。さらに検尿がうまくできないとか言うし…
 能登麻美子は能登麻美子で露出狂がよく言うセリフを口走るし(妄想シーンでだけど)で想像していたよりすごいアニメだった。
 野川さくらや中原麻衣が今までのイメージを投げ打って熱演した「マジカノ」みたいなアニメってもう当分ないのだろうなと思っていたけど、「女子高生」はセリフの危なさでは「マジカノ」を越えるかもしれない。
 

|

« 涼宮ハルヒの憂鬱 第2話 | トップページ | SAMURAI 7 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159982/9577965

この記事へのトラックバック一覧です: 吉永さん家のガーゴイル 第2話:

« 涼宮ハルヒの憂鬱 第2話 | トップページ | SAMURAI 7 »