« 涼宮ハルヒの憂鬱 | トップページ | 銀魂 第1話 »

2006年4月 3日 (月)

涼宮ハルヒの憂鬱 第1話

 原作を読んでいないので、原作と比べるとどうこうは言えないがとりあえずテレビ版のみの感想。(まだ見てない方の為に内容は多少ぼかして書きます)

 スタート時からのえんえんと続く「あの演出」には正直面食らった。あまりにも長く続くので、ストーリーがどうこうより「あの演出」がいつ終わるかの方に興味がいってしまった。(しかも14インチのテレビで見ているので、あの画面構成は少々見づらくてきつい)

 本編においての自主制作映画っぽさの表現は凝っていると思う。
 郊外ロケのシーンではカラスの泣き声等の騒音が入ってきて、いかにも郊外で撮影したという雰囲気が出ているし、ビーム発射の合成のしょぼさや、レフ板を持った子が画面端に映ってしまっているとこなどの自主制作映画のダメさ加減をうまく表わしている。
 作画が綺麗なだけに、わざとこういうことをするのはある意味贅沢かもしれない。
 これで、映画の主役を朝比奈みくるではなく可愛くない女の子や女装した男子生徒が演じていたなら、もっとリアルで痛々しい自主制作映画になるのにと思ったが、それだと視聴者が見ていてきつくなるのでそれは無しでいいだろう。
 一昔前だと自主制作映画で一番大変なのは制作費の調達ではなく、(可愛い)女優の調達なのだ。
 だからそれができなかった場合、女性の出てこない話を作るか、男に女装をさせるか、理想より大幅に譲歩して可愛くない女性に出演してもらうという具合になる。

 学生の作る自主制作映画やビデオは、今回のハルヒの話のように、作りがとても雑でわけのわからないストーリーがほとんどだ。(今はもう少しマシに作っている人が多い思うけど)
 自分が高校時代作っていた自主制作ビデオもまさにそれだ。
 ハルヒを見ていてちょっと懐かしくなり、恥ずかしくも思った。
 本当にくだらない作品を作ったが、それでもビデオを制作している時は実に楽しかった。
 自主制作って作っている時が一番面白い時かもしれない。

 話が脱線して申し訳ない。あとハルヒはEDの作画と動きが良かった。
 とりあえずこのまま次週も見てみようと思う。
 ただ、原作を知らないのでそっちを知らないと楽しめないアニメなのかと少し不安にもなった。
 今回の話だけを見た限りでは。

|

« 涼宮ハルヒの憂鬱 | トップページ | 銀魂 第1話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159982/9410117

この記事へのトラックバック一覧です: 涼宮ハルヒの憂鬱 第1話:

« 涼宮ハルヒの憂鬱 | トップページ | 銀魂 第1話 »