« 機動戦士ZガンダムⅢ 星の鼓動は愛 | トップページ | 任天堂次世代ゲーム機「レボリューション」 »

2006年3月23日 (木)

舞乙HiME

今日は録りためておいた舞乙HiMEを19話まで見た。

話は佳境に入り、前作舞HiMEに負けないぐらいの鬱展開の連続できつい。
しかし、そんな中にコミカルなシーンが散りばめられていて、全体的には明るすぎず暗すぎずバランスが取れているように思えた。
舞乙HiMEはその作品単品で見ても充分楽しめるが、前作のキャラが意外な役柄で登場したり、前作で話題になったシーンが再現されたりして、舞HiMEを知っているとさらに楽しめるようになっている。
そんな舞乙HiMEもあと数回で終了する。
3月30日は1時間スペシャルなので予約録画を失敗しないようにしなければ。

|

« 機動戦士ZガンダムⅢ 星の鼓動は愛 | トップページ | 任天堂次世代ゲーム機「レボリューション」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159982/9232803

この記事へのトラックバック一覧です: 舞乙HiME:

« 機動戦士ZガンダムⅢ 星の鼓動は愛 | トップページ | 任天堂次世代ゲーム機「レボリューション」 »