« 夕凪の街 桜の国 | トップページ | Fateアニメ化 »

2006年1月 6日 (金)

モン・スール

今日も漫画の話。

最近よく読んでいるきづきあきらの作品で、今回は「モン・スール」(ぺんぎん書房)を紹介。

主な登場人物は以下の3人
池内柾樹・家出した両親に代わり、妹の面倒を見ながら大学に通う
池内美波・柾樹の妹
神田・柾樹の友人

そして、話は以下の通り
柾樹、美波、神田の3人は仲良く日々を過ごしていた。
しかし、美波と神田の間で起きた出来事を発端とし、3人の関係は険悪になっていく。
やがて美波は家出をしてしまい、柾樹と神田は彼女を捜しに…

作者の絵は版画のような大変特徴のあるタッチで、かつ可愛らしい。
でも、扱う内容はとてもハードで、そのへんは昨日紹介した「夕凪の街 桜の国」に通じるところがあるかもしれない。
かなり曲解しているかもしれないが、感想としては「子供が子供らしく過ごせる時間は実に貴重なものだ」ということを思った。
現代は大人のいろんな都合で、子供が子供らしく過ごせない事態になっているんじゃないかと思う。
世の中にはとことん子を甘やかす親もいるだろうが、少なくともこの作品の美波は、親に甘えることは出来なかった。
そして、もう1つ思ったことは、小学生の美波の「女」の部分が強調されて描写されているなということだった。
自分としては、美波が、孤独を感じている女性や主婦が何かにすがりつこうとする姿と重なる。
物語後半のバスの車内における美波と神田の会話にはぞっとさせられるものがあった。

最近は漫画を一気に集めることはあまりなかったが、きづきさんの漫画があまりにも面白いので、あちこちの書店を回り、出ている単行本を全て買ってきた。
ぺんぎん書房が倒産してしまい、今後入手が難しいという事情もあるのだが。

|

« 夕凪の街 桜の国 | トップページ | Fateアニメ化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159982/8037439

この記事へのトラックバック一覧です: モン・スール:

« 夕凪の街 桜の国 | トップページ | Fateアニメ化 »